TOP INTERVIEWトップ インタビュー

MEI ERIKAWA
襟川 芽衣

ルビーパーティーブランド長
コーエーテクモゲームス取締役

海外を視野に
新しいスタートを切る

25周年からの再挑戦

 ルビーパーティーブランドは1994年に世界初の女性向け恋愛ゲーム『アンジェリーク』を発売し、ゲームだけでなくイベント、CD、グッズ等、マルチに展開しているブランドです。2019年9月に25周年を迎え、対応ハードの拡大、アジアを始めとした海外展開の本格化など、大きく進化していくビジョンに合わせてブランドロゴをリニューアルしました。また、男女ともに楽しめるアドベンチャーゲーム『バディミッションBOND』のように、ブランドの強みを生かして新たなジャンルを開拓したり、『金色のコルダ スターライトオーケストラ』『アンジェリーク ルミナライズ』のように、長年続くシリーズの新スタートとなるタイトルでは、今を生きる女性に向けて大きな進化にチャレンジしたりしています。今までのブランドから守るべきもの、変わるべきものを見極め、次の25年に向けてさらに飛躍できるよう今後もさまざまなチャレンジを続けていきます。

女性向けジャンルを海外に

 数年前、アジアでゲームイベントに初めて登壇した際、現地ファンの方に情熱的で温かい声をたくさんかけていただきました。アジアにこんなにも熱いファンの方々がいるんだと、とても感動したのを覚えています。そのことがきっかけで、アジアにもっとネオロマンスを広げていきたい! という思いでこの数年やってきました。『遙かなる時空の中で7』では、ネオロマンスでは初めてアジアと国内で同時にプロモーション展開をして、同時に発売することができました。これについてはアジアの皆さんにたいへん喜んでいただけて、手応えを感じています。また、家庭用だけでなく、スマホアプリについても『金色琴弦3 ~青澀戀曲~』に続く展開を模索中です。

▲『遙かなる時空の中で7』

これからの新しいイベントの形

 2020年の春、横浜・みなとみらいの新社屋と一緒にライブホール「KT Zepp Yokohama」が完成しました。3月のオープンでしたが、コロナ対策のためしばらく配信や収録など無観客での使用が続き、6月にようやく有観客のイベントが開催されて本格始動となりました。ルビーパーティーでも3月からイベントをすべて中止していましたが、8月の「Neoromance FES 遙かなる時空の中で7 ~初陣!~」から再開しています。
 その後も配信イベント、有観客と配信のハイブリットイベントなど続々と開催していますが、配信と有観客にはそれぞれ違った良さを感じています。配信イベントでは、会場から遠かったりスケジュールが合わずイベントに行きたいのに行けなかったりした方にも、決まった期間中いつでもどこでも視聴ができる安心感をご提供できたことがとてもよかったと感じています。一方、有観客イベントでは、同じコンテンツを好きなファンが一堂に会し出演者とコール&レスポンスをしながら共にイベントを楽しむ、というリアルな体験の良さというものを改めて実感しています。
今後、状況が良くなり観客制限無しでイベントが開催できるようになっても、配信の仕組みは続けていきたいと思っています。ステージとお客様で声を掛けあうなどリアルタイムのやりとりはタイムラグがあって難しいのですが、配信でも臨場感をもって楽しむ仕組みは他にもいろいろとあると思うのです。私たちはデジタル・エンタテインメントの会社ですから、フューチャーテックベースという社内の研究開発部署と協力して配信をより楽しむためのツールを企画検討しています。ぜひ新しいイベントの形を実現させたいですね。

▲KT Zepp Yokohama

多様な働き方は当たり前

 方のメンバーが集ってゲームを開発してきました。産休明けの時短勤務でディレクターやプロデューサーを務めている女性も何人かいます。ちなみに、社員同士で育児についての情報交換を目的としたサークルがあるなど、全社を通じてみんなで支え合う意識は強いですね。
2020年の春にコロナ感染症に対する緊急事態宣言が出た当時、当社ではまだ在宅勤務は導入されていませんでしたが、そこからものすごいスピードで導入されて、今では生産効率も上がりしっかりと仕事ができています。社員が安心して仕事をできる環境を早い段階で作れたことはとても良かったと思います。ただ、在宅勤務で一人黙々と作業をしていると、考えが煮詰まってしまってパフォーマンスが上がらないという社員もいます。そこは一律的な対応でなく、感染防止と開発効率のバランスをとりプロジェクトの状況によって出勤と在宅でフレキシブルにコントロールしています。社員ファーストで会社のルールを迅速に変えていくということを、コロナ対策の中で実践しています。

「好き」のパワーで活躍しよう

 これから入社を目指す皆さんには、何に対してでもよいのですが、強烈な「好き」というパワーを持てるものを見つけてほしいですね。難しい問題に直面することがあっても「好き」という気持ちがエネルギーになって頑張れますし、多少のことではへこたれない心の支えになります。「好き」というパワーは本当にすごいんです。また、ゲームにはさまざまなエンタテインメントの要素が詰まっていますので、エンタメ業界に興味のある人は、選択肢の一つとしてぜひゲーム業界に来てください。好奇心が旺盛な人、お待ちしています!

ルビーパーティーブランド長
コーエーテクモゲームス取締役

襟川 芽衣

コーエー(現コーエーテクモ)の創業者である襟川陽一、恵子の長女。ルビーパーティーには襟川恵子ゼネラルプロデューサーの補佐を担当したことがきっかけで参加。「このコロナ禍で襟川会長が韓流ドラマにはまり、おススメの俳優やドラマのことで話に花が咲くことが多いです。以前までは全然好みが違うなと感じていたのですが、話せば話すほど結構共通するところもあり新たな発見です(笑)」