TOP INTERVIEWトップ インタビュー

KEISUKE KIKUCHI
菊地 啓介

ガスト副ブランド長
 

キャラクターへの愛は世界で通用する

RPGで豊富なノウハウを持つ

ガストはRPGを得意とするブランドです。社外のクリエイターも交えて多くの人が集まってひとつのコンテンツを作り上げています。最近では『ライザのアトリエ』で、キャラクターデザイナーとしてトリダモノさん、シナリオで『灼眼のシャナ』を執筆された高橋弥七郎さんとご一緒しました。とても好評で今までの積み重ねの上に広がりを加えるという、最高の形で新シリーズを迎えることができました。また、ガストで培ってきたRPG制作のノウハウや技術を使って、人気コンテンツの『FAIRY TAIL』のゲーム化を担当させていただいています。ガストで他社様のIPを扱わせていただくことはほとんどなかったので、いつもとはまた違ったやりがいを感じています。

▲『Fairy Tail』

海外でもガストを浸透させたい

ガストは海外でも強いブランドになることを目指しています。海外で人気のあるIPと組むことで、ガストタイトルの面白さをもっと知っていただければと思っています。また『ライザのアトリエ』では、日本とアジアのプロモーションタイミングを一緒にしてタイムリーに情報公開する取り組みをして、大変多くのお客様に遊んでいただいています。アジア向けに生放送も行ったりして、いろいろ挑戦したんですよ。おかげでライザのキャラクター人気が盛り上がってゲームの販売を牽引してくれましたが、課題もいろいろ得たので次に生かしていきたいですね。

▲『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』

新鮮さの秘訣はコンセプト

アトリエシーズは2・3作ずつをシリーズとして構成していますが、毎回狙っているコンセプトは違うんですよ。調合やバトルといったアトリエに望まれてるところは引き継ぎつつも、毎回まったく新しいコンテンツとして制作しています。今回の『ライザのアトリエ』は、少女たちの冒険とそれを通じての成長がコンセプトです。誰しもが通ってきた青春時代を、あの頃の冒険を、大人も感じ取れるものにしたかったし、まさにその少年から青年にある方がプレイしたら共感をもってもらえるよう、ストーリーに力を入れました。「ひと夏の冒険」ということで、ビジュアルも強い日差しのイメージに特化しています。そういったところも評価いただけたのかなと思います。

長野から横浜へ

2020年春の新社屋完成に合わせて、長野のオフィスは横浜・みなとみらいに移転します。長野を離れることはとても名残惜しいのですが、いろいろな方とビジネスを進めるためには本社の近くにいるほうが連携しやすいんですね。遠方とのコミュニケーションに使っていた時間をもっとクリエイティブのほうに使って面白いことができたらいいなと思っています。社外との交流もより深めて、新しいビジネスや新しいクリエイティビティを発揮できる形にしていきたいですね。海外の窓口も本社にありますから、海外の会社とのやりとりを身近に感じてガストのメンバーとともに今以上にグローバル感覚を身につけていきたいなと思っています。

豊かな心とロジカルな頭脳

お客様にキャラクター愛を届けようと強く願って、粘り強く品質の向上ができる人がいいゲームを作れると思っています。一方で、キャラクターやエモーショナルな部分って、ロジックで組み立てていく必要もあるんです。感情の表現には、動きや光の加減などが重要で、演出の組み立て方、見せ方、映像的なルールなどを理論的に成立させなければいけません。豊かな心を持ちつつも頭はロジカルである、多才な人を私は求めています(笑)。今後アトリエシリーズをはじめとして、『BLUE REFLECTION』やその他の新作など、キャラクターゲームとしてひとつずつシリーズ化できるものを作っていきたいと思います。その世界やお話、キャラクターたちを発展させていった方が、お客様も楽しいんじゃないかなと思うのです。新しい方たちと次の世代のキャラクターゲームを作っていきたいと思いますので、興味のある方はぜひ夢を持ってガストを志望してください。

ガスト副ブランド長
 

菊地 啓介

「よるのないくに」や「影牢」シリーズなど多くのタイトルでプロデューサーを務める。大学では代数学を専攻した。「数学なんて役に立つのかって思っていたのですが、これが意外に立つんですよ、結構ねえ。アナログ的な発想を形にしていく時に、一度分解して再構成しないといけなくて、その抽象的なものを具現化するときに応用が利くんです。無駄ではなかった(笑)」