TOP INTERVIEWトップ インタビュー

HISASHI KOINUMA
鯉沼 久史

コーエーテクモゲームス
代表取締役社長

世界視野で物事を考える

お互いに切磋琢磨するブランド制

 コーエーテクモは現在6ブランドによる開発体制を敷いています。互いに協力したり競争したりと、よい緊張感を持って仕事を取り組んでいます。また、ブランド毎の計画や方向性があり、それぞれの目標に向かって進んでいます。シブサワ・コウでは、シミュレーションと歴史、ω-Forceは無双シリーズを始めとしたカジュアルなアクションゲーム、Team NINJAでは、仁王を始めとしたハードなアクションゲーム、ガストはRPGが強みで、ルビーパーティーでは主に女性向けに、midasは新しいチャレンジをするといったように、良い形でブランド制が伸長しています。

グローバル市場で戦える体力

 私たちはグローバル化を重要な経営方針としていますが、グローバルであることが目的ではなく、より多くのお客様にソフトを届けるための方法がグローバル化なのです。グローバル市場で戦うためには、しっかりと制作費をかけてゲームを開発する必要がありますが、おかげさまでゲームがヒットしその収益を使って開発をするといういいサイクルが回っています。別の言い方をすれば、地に足を付けて成長を続けてきた結果、コーエーテクモはグローバル市場に向けて戦えるタイトルを作れる規模になりました。また、海外においても、市場や協業などの新しい仕事の枠組みを開拓することで、引き続き成長できると考えています。国内で進めてきたさまざまな新しい取り組みを、海外でも実践していきたいですね。

世界に向けてIPを展開

 グローバルにエンタテインメントコンテンツを供給するということは、同時並行で各地域への対応が必要で、AAA(トリプルエ-)タイトルを数多く創発するためには、1タイトルあたり多くの人員が必要になります。そのため、ここ数年来開発体制の拡充を進めています。

▲『仁王2』

 グローバルIPの創造では『仁王2』のように成果が出てきていますし、コラボレーションや協業についても、グローバルで成功例を築けているので、今後もその流れを続けていきます。また、IPの活用も進んでいて、中国で当社IPを使ったスマートフォンゲームがランキングで連続して上位に入るなど大ヒットが生まれています。海外でも当社のIPやブランドをとても高く評価してくださっていて、これがビジネスにつながっています。お客様も数百ある三国志ゲームのなかから、当社IPのものを選んでくださるなど、これまで培ってきたブランド力を感じています。
 IPの創造を縦軸とするならば、IPの活用は横軸のような関係です。IPを活用したビジネスの下支えがあるからこそ、グローバルIPの創造と展開にしっかりとまい進できるのです。縦軸と横軸がしっかりとからみ、よい循環ができてきました。

  • ▲『三國志14 with パワーアップキット』
  • ▲『仁王2』

未来へ変化しつづける

 2020年の春に横浜・みなとみらいの新本社、KTビルに移転しました。「移転」と表現をしましたが、実態は拡大を続ける開発体制のために拠点を1つ追加したという状況です。コロナ対策のためのインフラ整備もできていますので、新しいKTビルを主軸に皆で快適に、明るく元気に開発に取り組んでいます。


 私たちはゲーム会社として40年を超える実績を持ち、コーエーテクモとなってからも10年が経ったベテラン企業です。社員寮の充実や退職金制度など、皆さんに長期にわたって勤務いただくことを想定した手厚い福利厚生があり、自信を持って会社の安定性をお伝えできます。それと同時に、今は新たな発展のステージに向けて成長期の真っ只中で、さまざまに変革を続けています。新しいハードが登場してパッケージゲームは活況を迎え、スマートフォンゲームは日本、アジア地域を主力に引き続き大きく伸びるでしょう。スマートフォンゲームに慣れ親しんで成長されてきた皆さん、私たちとともに世界に飛躍してくれるメンバーを求めています。ぜひ一緒に未来へ取り組んでいきましょう。

コーエーテクモゲームス
代表取締役社長

鯉沼 久史

こいぬま・ひさし/ゲーム会社でクリエイティブな仕事をしたいという情熱を胸に1994年株式会社光栄(現・株式会社コーエーテクモゲームス)に入社。多くのタイトルのプロデュースを手がけ、2020年4月より株式会社コーエーテクモゲームス代表取締役社長、株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役副社長を務める。