(左から)『VR センス』メインプランナー 南 達尊(みなみ みちたか)、『VR センス』ゼネラルプロデューサーを務めるコーエーテクモホールディングス代表取締役会長 襟川恵子、『VR センス』プロジェクトマネージャー 藤井久徳

2017年 6月28日(水)、コーエーテクモウェーブは多機能VR筐体『VR センス』の完成発表会を開催し、 同時に『VR センス』対応のソフトウェアを発表しました。
『VR センス』は、PlayStation® VRを組み込み、「多機能3Dシート」「ミスト機能」や「香り機能」など 五感を刺激するギミックを満載しています。 今までにない驚異の没入感が楽しめる、スタイリッシュで利便性の高い筐体です。

さらなるVRの進化でお客様に満足を



ついに完成した『VR センス』の狙いとその魅力を、 ゼネラルプロデューサーを務める襟川恵子が紹介しました。
「テクモ設立50周年を記念して、この『VR センス』のプロジェクトはスタートしました。 まだビジネスモデルも確立されていない分野なので順風というわけにいきませんでしたが、ようやく完成にこぎつけました。 この『VR センス』対応タイトルは、既存のソフトウェアをVRに移植しただけのソフトウェアではありません。 VRへの適合にとどまらず、さらに高次元に進化させたVRソフトウェアでお客様に満足をお届けします」と、自信のほどをうかがわせました。

五感を刺激するギミックと充実のソフトウェア


『VR センス』に搭載されたギミックを紹介するプロジェクトマネージャー 藤井久徳。

新色が追加されたVR筐体『VR センス』のハードウェア仕様を、プロジェクトマネージャー 藤井久徳が説明しました。
・『VR センス』販売時には3タイトルがプリインストールされた形で出荷される。タイプは2種類。
・『VR センス』には、1つの筐体で5タイトルまでのソフトを搭載可能。
・タイトルの入れ替えも可能。メジャーなコラボタイトルを予定している。

【 共通機能 】
アクションを体感させる「多機能3Dシート」、予想外の驚きを演出する「タッチ機能」のほか、 「風機能」で空間の広がりを感じさせ、「香り機能」で臨場感を盛り上げます。 環境の変化を感じさせる「温冷機能」、雨や湿気など気候を感じさせる「ミスト機能」も相まって、 『VR センス』は驚異の没入感を実現させます。
● スタイリッシュで利便性の高い筐体
● 筐体サイズをコンパクトに抑え、分割することで設置・移動が容易
● ジャンルを問わず、複数ソフトを搭載可能
 筐体さえあれば、あとからソフトを入れ替えることができる
● 手軽にゲーム更新ができる利便性


「『DOAX3』はすでにVRモードがありますが、 この『DEAD OR ALIVE XTREME SENSE』は『VR センス』に向けて開発する専用ソフトです」と紹介するメインプランナー 南 達尊。

『VR センス』販売時に数多くの新作ソフトをご用意します。発表会では メインプランナー 南達尊が実際のゲーム映像を交えてその魅力を紹介しました。



コーエーテクモウェーブ代表取締役社長 阪口一芳は壇上に立ち、「昨年は「VR元年」と騒がれたが、 一般に浸透しているとはいい難い状況です。VRの特性は「感性・空間・時間」を有効に活かすこと。 『VR センス』は、そのVRの特性を遺憾なく盛り込んだソフトウェアを開発し、 プレイヤーのみなさんに満足をお届けしていきます。」と意気込みを表明しました。

五感を刺激する充実のVRコンテンツが続々登場!

女の子たちの魅力に釘付け!
キャラクターの肌を伝う水、跳ねる水しぶき!
● ゲームに勝つたびに女の子の水着がグレードアップ!
● 女の子が近づくとほんのり良い香りが!?
● 高得点達成で魅惑の「鑑賞タイム」がゲットできる
※『VR センス』専用ソフト。『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』のVRモードとは異なります。
見たことも聞いたこともない "超" 体感
顔に吹き付ける風、多彩なシートの稼働など、世界のどの遊園地でも味わうことができないジェットコースター体験!
● 多機能3Dシートで再現された、きわめてリアルな搭乗感
● 城下町 ~ 城内 ~ 戦場と多彩なステージを走りぬけろ!
● レールが途切れ、宙を舞う!? 予想不可能なコース展開
かつてない臨場感 これがジョッキーゲームの最終形!
● 中継でお馴染みの矢野吉彦アナウンサーによる音声実況
● 風や雨、雪等により臨場感は全開
● 対抗馬との接戦をコントローラーと3Dシートにより超絶のリアリティで再現
想像を絶する恐怖... あなたの五感が凍りつく
● 映像に合わせ動く多機能3Dシート
● 天井から落下する虫や、足元を走る小動物をタッチ機能で演出
● クリアしないではいられないストーリーとインタラクティブ性
「無双」シリーズの爽快感を「VR センス」で超体験!
● 戦場を駆けめぐる新体験
● 戦場を覆う炎の熱気もリアルに再現
● プレイヤーを興奮へ誘う圧倒的な没入感

2017年8月以降受注開始予定
多機能VR筐体『VR センス』
● 筐体/3ゲーム同梱 × 2種類
● 価格: 320万円(税別)
● 追加ソフト: 別料金
● 従量課金予定
● 筐体スペック: プレイ人数:1人
 サイズ(予定): W1,016mm×D2,075mm×H1,788mm/重量:300kg~400kg

多機能VR筐体『VR センス』
五感を刺激する! 多機能VR筐体 『VR センス』 発表会 (2017/ 2/ 6)
コンテンツ東京 2017(2017/6/28 ~ 6/30 東京ビッグサイト)
同日より3日間の日程で開催される国際展示会 "コンテンツ東京" には、 すべての機能が実装された『VR センス』を出展。 最新のVR体験を味わうことが可能です。

コーエーテクモグループは 「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ」 を創発する企業グループを目指し、 今後とも最新の技術を取り入れた商品の開発・販売を推進してまいります。