2017年 2月6日(月)、コーエーテクモウェーブは 多機能VR筐体『VR センス』の開発を発表しました。
PlayStation® VRを組み込んだ、スタイリッシュで利便性の高い筐体に、 「多機能3Dシート」「ミスト機能」や「香り機能」など、五感を刺激するギミックが満載。 『VR センス』ひとつで、今までにない驚異の没入感が楽しめます。

ベールを脱いだ、スタイリッシュで利便性の高い筐体



発表会の冒頭、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長 襟川陽一は、 「コーエーテクモでは、数年前からVRに取り組んできました。 ゲームのみならず、さまざまなエンタテインメントに応用できるものと期待しています」と、 『VR センス』による新しい市場の開拓に意欲を示しました。
そして、会場のステージ横でベールに包まれていた『VR センス』の筐体を公開しました。

五感を刺激して生みだされる、驚異の没入感



『VR センス』がもつ、五感を刺激するギミックについては、開発の陣頭指揮を執った、 コーエーテクモホールディングス代表取締役会長 襟川恵子が紹介しました。

アクションを体感させる「多機能3Dシート」、予想外の驚きを演出する「タッチ機能」のほか、「風機能」で空間の広がりを感じさせ、「香り機能」で臨場感を盛り上げます。環境の変化を感じさせる「温冷機能」、雨や湿気など気候を感じさせる「ミスト機能」も相まって、『VR センス』は驚異の没入感を実現させます。

『VR センス』の特徴 
● スタイリッシュで利便性の高い筐体
● 筐体サイズをコンパクトに抑え、分割することで設置・移動が容易
● ジャンルを問わず、複数ソフトを搭載可能
● 手軽にゲーム更新ができる利便性



プロデューサーの藤井久徳も登壇し、『VR センス』についての意気込みを述べました。



コーエーテクモウェーブ代表取締役社長 阪口一芳は、アミューズメント業界が「新しいマシンを渇望している」として、 「この多機能VR筐体『VR センス』が業界再興の起爆剤になる」と期待を表明しました。

続々登場予定! 新感覚のVRコンテンツ

多彩な機能が詰め込まれた『VR センス』の真価を発揮する「VRコンテンツ」も、3本のラインナップが紹介されました。いずれも新体験を提供する興奮のラインナップです。

想像を絶する恐怖... あなたの五感が凍りつく
誰もが興じた"あの遊び"が、VRホラーで登場。「動いてはいけない」恐怖がプレイヤーを襲う!
● 映像に合わせ動く多機能3Dシート
● 天井から落下する虫や、足元を走る小動物をタッチ機能で演出
● クリアしないではいられないストーリーとインタラクティブ性
かつてない臨場感 これがジョッキーゲームの最終形!
レースの"空気感"や、競走馬の"存在感"をVRで体験。ジョッキーだけのものだったレース体験が、プレイヤーの手に!
● 中継でお馴染みの矢野吉彦アナウンサーによる音声実況
● 風や雨、雪等により臨場感は全開
● 対抗馬との接戦をコントローラーと3Dシートにより超絶のリアリティで再現
「無双」シリーズの爽快感を「VRセンス」で超体験!
多彩なギミックの数々! 愛馬とともに生死をかけて、捕らわれの姫を救い出せ! [企画開発中]
● 戦場を駆けめぐる新体験
● 戦場を覆う炎の熱気もリアルに再現
● プレイヤーを興奮へ誘う圧倒的な没入感

2017年夏発売予定(価格未定)
  多機能VR筐体『VR センス』
● 筐体/3ゲーム同梱 (タイトル未定)
● 追加ソフト: 別料金
● 従量課金 (販促サポート:バックモニター用販促情報は常時更新)
● 筐体スペック: プレイ人数:1人
 サイズ(予定): W1,016mm×D2,075mm×H1,788mm/重量:300kg~400kg

コーエーテクモグループは 「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ」 を創発する企業グループを目指し、 今後とも最新の技術を取り入れた商品の開発・販売を推進してまいります。