優れた開発力・技術力・マネジメント力

独創性溢れるエンタテインメント・コンテンツを創出する開発力・技術力に加え、ゲームビジネスを総合的にマネジメントし、広げて行くことができる。これがコーエーテクモの強みです。

開発力
    高品質で魅力的なゲーム開発へ継続的に取り組み、「信長の野望」、「三國志」、「Winning Post」などのシミュレーションゲーム、「無双」シリーズや『仁王』などのアクションゲームで大きな強みを発揮しています。
技術力
    その起源を20年以上さかのぼる研究開発部署「フューチャーテックベース」は、変化の激しいゲーム業界において高い技術力の維持・向上に脈々と取り組んでいます。AIや映像表現など最先端技術の活用を進め、独自のゲームエンジンであるKTGL(Koei Tecmo Game Library)は、統合的なゲーム開発環境を実現する大きな柱となっています。
マネジメント力
    納期・品質・コストのプロジェクトマネジメントを徹底しています。
    プロデューサー・ディレクター人材の育成に力を入れています。社外とのコラボレーションを企画するなど、新たなビジネスを創出する人材や、優れた開発力、技術力を継続的に実現する人材をしっかり育てる企業文化があります。

ファンに支えられた有力IPと他社IPとのコラボレーション

  • 長年にわたってファンに支えられてきた多数の有力IPを通じて、毎期安定した収益を実現しています。
  • コーエーテクモ独自の強みを活かして、他社IPとのコラボレーションへ積極的に取り組み、大きな成長を実現しています。
  • 将来的な収益の源泉として新規IPの創出にも継続的に挑戦しています。

業界屈指の高い収益性

  • 2020年3月期の経常利益率は44.2%%と、ゲーム業界でも屈指の高い経常利益率です。収益性を重視した経営を徹底しています。
  • 事業での収益性の高さに加え、金融収益による営業外収益も業績に貢献しています。

※各グラフはマウスオーバー・タップすると、値が表示されます。

(単位:百万円)

グラフ 直後の表の経常利益をグラフ化したもの

(単位:%)

グラフ 直後の表の経常利益率をグラフ化したもの

(単位:百万円)

2015年
3月期
2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
2020年
3月期
経常利益 13,568 15,755 15,211 18,293 18,307 18,869
経常利益率 35.9% 41.1% 41.1% 47.0% 47.0% 44.2%

強固な財務基盤・配当性向50%

  • 総資産1000億円強、自己資本比率9割と、財務基盤は磐石です。
  • 配当方針は、配当金に自社株買い付けを加えた連結年間総配当性向50%あるいは1株当たり50円。利益還元を経営上の最重要政策のひとつとして位置づけ、積極的に実施してまいります。