株式会社コーエーテクモゲームスは、2020年1月16日(木)に発売の歴史シミュレーションゲーム『三國志14』の完成発表会を開催しました。
『三國志14』は、2020年に35周年を迎える「三國志」シリーズ最新作です。


発表会冒頭では『三國志14』オープニングムービーの上映に続き、 株式会社コーエーテクモゲームス代表取締役社長 鯉沼久史が挨拶に立ちました。

「昨年から「三国志」はまた大きなブームとなっており、当社も「協力」という形で参加した「三国志展」は東京・九州ともに大盛況となったほか、 映画やアプリ、広告などでも三国志はしばしば目に止まります。そうした状況にあって、早くからその普及に一役買ってきた「三國志」シリーズは 常に「三国志ゲーム」のトップを走り続けないとならないという責任も感じています。
本作は長年の開発経験によるノウハウの蓄積と、AIなど最新技術が融合した作品として、多くの方に楽しんでいただける物になったと確信しています」

『三國志14』ロンチトレーラーを公開

続いて本作のゼネラルプロデューサーを務めるシブサワ・コウが登壇。
「三國志」シリーズの生みの親として本作にかける想いを語るとともに、初公開となるロンチトレーラーをご紹介しました。

ここで、ロンチトレーラーでも使用された、本作のエンディングテーマである『旅人よ』を 歌唱されたシンガーソングライターの岡本真夜さんがスペシャルゲストとして登壇。
楽曲に込めた想いやデビュー25周年に当たっての心境などを語ってくださいました。


ゲストとともにゲームを紹介。スピードワゴンを武将に例えるなら......!?

続くコーナーでは、『三國志14』プロデューサーの越後谷和広と、お笑い芸人スピードワゴンの井戸田潤さんと小沢一敬さんが登壇し、 ゲストのお二人のコメントを交えつつ、越後谷プロデューサーがゲーム概要を紹介しました。
「三國志」シリーズ35周年記念作となる本作『三國志14』は、領土の拡大を「色塗り」という視覚的にも直感的な操作でもわかりやすい形で表現し、 本格派シミュレーションゲームの大作でありながら、とっつきやすい間口の広さを実現しています。
また、数多くの武将の個性をAIで表現することで、ゲームプレイを通じて「三国志」というドラマを実感できるのも本作の醍醐味です。
ともに三国志通で知られるスピードワゴンのお二人も、『三國志14』の魅力に興味津々というご様子でした。



越後谷プロデューサー降壇後は、スピードワゴンのお二人によるトークセッションが行われました。
こちらでは『三國志14』にちなんだ質問に答えていただくことに。
お二人が好きな武将はそれぞれ井戸田さんが関羽、小沢さんが周瑜とのことでしたが、ご自分がどんなタイプの武将か尋ねたり、 お笑い界で覇権を取るにはという質問には、意外と控えめなお答えも......?




最後に鹿児島の蔵元『薩州濵田屋伝兵衛』様より発売となる焼酎『薩州 三國志』、 近畿日本ツーリスト様主催の「「三國志」シリーズ35周年記念『三國志14』中国古戦場ツアー」と2つのコラボレーション企画が発表され、 『三國志14』完成発表会は幕を閉じました。




2020年1月16日発売
歴史シミュレーションゲーム『三國志14』
公式サイト  https://www.gamecity.ne.jp/sangokushi14/
コーエーテクモ「三國志」公式Twitter  https://twitter.com/sangokushi_kt

薩州 三國志  https://www.sekitoba.co.jp/ 「三國志」シリーズ35周年記念『三國志14』中国古戦場ツアー  https://www.knt-kt.co.jp/ec/2020/sangokushi/

記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
©2020 コーエーテクモゲームス All rights reserved.