株式会社コーエーテクモゲームスは、2019年9月26日(木)に発売の 錬金術RPG『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』の完成発表会を開催しました。
『ライザのアトリエ』は、錬金術をテーマとしたRPG「アトリエ」シリーズ最新作です。


株式会社コーエーテクモゲームス代表取締役社長 鯉沼久史が冒頭の挨拶に立ちました。

「22年の歴史を持つ「アトリエ」の新シリーズ立ち上げに当たって、コンセプトの段階から綿密に打ち合わせを重ねてきました。
本作はより多くの人に遊んでもらえるRPGを目指し、グローバルに展開していけるタイトルとして開発を進めました。
また、発表当時からライザのビジュアルが多くの人に受け入れられ話題となり、東京ゲームショウ2019に出展し、本日こちらの会場でも展示している「等身大ライザ」は大きな反響を呼びました。
さらにゲームショウでは日本ゲーム大賞フューチャー部門を受賞することができました。
ビジュアルだけではなく、ゲーム性に関してもユーザーの皆様から高く評価していただいた結果だと嬉しく思います」

「等身大の少年少女のほんのちょっとの成長」を描くシリーズ最新作

続いて細井順三プロデューサーと、スペシャルゲストの神田沙也加さんとふなっしーさんが登壇しました。
ゲストのお二人のコメントを交えつつ、細井プロデューサーがゲーム概要を紹介しました。

まずゲームのコンセプトとして細井プロデューサーが挙げたのが "少年少女たちのほんのちょっとの成長を描いた、親や大人たちには秘密の青春物語"。
「秘密」というのがキーポイントになっており、青春時代だからこその少年少女の心情を描けるものになっています。


また、「アトリエ」シリーズ22年の集大成として、グラフィック・システム・バトルの全てを一新。
リアルタイムバトルはもちろんのこと、調合についても分かりやすくなっていて、 「アトリエ」シリーズファンだけでなく、本作から興味を持った方にも遊びやすいものになっています。
発表会前に本作を体験したという神田さんやふなっしーさんも、 わかりやすい間口の広さや、モンスターも含めた登場キャラクターの可愛らしさが新規ユーザーにも優しいと共感していました。


最後に紹介されたのは、本作の主題歌「虹色の夏」。こちらの歌唱はゲストの神田さんが担当しています。
神田さんは本楽曲について、コーラスワークが綺麗で爽快感がありつつも、歌詞の語尾などにほろ苦さがある、 その点が本作のコンセプトである「青春」に繋がるものがあると語りました。
ちなみに神田さんが主題歌を担当した経緯は、神田さんが「アトリエ」シリーズに興味を示していることをTwitterでつぶやいたところ、 それが細井プロデューサーの目に止まったことだったというエピソードも明かされました。

神田さんとふなっしーさん、二人のほろ苦い思い出は......?

細井プロデューサーが降壇したあとは、神田さんとふなっしーさんによるトークセッションが行われました。
こちらのコーナーではジュブナイルである本作にちなみ、青春時代の思い出や、 今だから言える「大人に秘密にしていたこと」などをテーマに興味深いお話が次々飛び出しました。







2019年 9月 26日発売
錬金術RPG『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』
公式サイト  https://www.gamecity.ne.jp/atelier/ryza/
「アトリエ」シリーズ公式Twitter  http://twitter.com/gustatelierpr

記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
©2019 コーエーテクモゲームス All rights reserved.