株式会社コーエーテクモゲームスは、本日2018年9月27日(木)に発売したタクティカルアクションゲーム『無双OROCHI3』の完成発表会を開催しました。 『無双OROCHI3』は、「無双OROCHI」シリーズ最新作で、前作『無双OROCHI2』から7年ぶりとなるナンバリングタイトルです。


株式会社コーエーテクモゲームス代表取締役社長 鯉沼久史が冒頭の挨拶に立ちました。 「初代『無双OROCHI』が発売されたのは、今から11年前。 「真・三國無双」「戦国無双」のコラボ作品として様々な試行錯誤の末生まれたシリーズが、 今でもたくさんの方にプレイいただけていることを嬉しく感じています」

古澤プロデューサー、スペシャルゲスト登場

発表会ではタレントで元なでしこJAPANの丸山桂里奈さん、お笑い芸人「流れ星」のちゅうえいさん、瀧上伸一郎さんがスペシャルゲスト、そして古澤正紀プロデューサーが登場。
「無双」シリーズのプレイ経験を聞かれた際、「流れ星」ちゅうえいさんは、 「「真・三國無双」シリーズをプレイしていて、登場する董卓という武将の字(あざな)が仲穎(ちゅうえい)なので、 いつも使っていました。たぶんこんなに董卓使っているのは僕くらいですよ!」とコメントされ、 丸山さんからは「控室で初めてプレイさせてもらいましたが、とても面白かった!」と感想が述べられました。



ゲストお三方も交え、『無双OROCHI3』のプロモーションビデオを鑑賞。 迫力の映像を目の当たりにしたのち、古澤プロデューサーによるゲーム紹介の中で、 登場キャラクターが170人に上ることが紹介されると、 「170人って、ギネス級じゃないですか!」と一様に驚きを見せていました。

ゲストを交えたトークコーナーでは、丸山さんの理想の男性のタイプを、 『無双OROCHI3』キャラクターの中から提案するという試みが行われ、 丸山さんの理想の男性の条件を元に検討したところ、まさかの「牛鬼(ギュウキ)」が選ばれました。

そして「流れ星」のお二人は、「1日神様になれるとしたら何がしたい?」とのお題に、 瀧上さんは岐阜県の観光大使らしく「首都を岐阜に!」、ちゅうえいさんは「絶対ウケるギャグ!」とコメントし、会場を沸かせました。
さらに『無双OROCHI3』ヒット祈願として、数多くのヒットギャグを持つ「流れ星」と、 丸山さんの夢のコラボギャグが披露されるなど、会場は終始笑いに包まれておりました。

『無双OROCHI3』のプレイ可能キャラクター数がギネス記録として認定

発表会会場では、『無双OROCHI3』が「最も多い操作可能なキャラクターを持つハックアンドスラッシュゲーム」にて、 ギネス世界記録に認定されたことが報告されました。 ギネスワールドレコーズ公式認定員の寺西さんにお越しいただき、 直々に古澤プロデューサーに公式認定証が手渡されました。


「開発チームと冗談のように話していたことが現実になり、驚いています。 キャラクターについては、今作でも特に力を入れるべき所だと気持ちで制作しました」

最後は古澤プロデューサーより、『無双OROCHI3』をお待ちいただいたお客様への感謝の言葉をもって、 発表会は無事閉幕いたしました。


2018年 9月 27日発売
タクティカルアクションゲーム『無双OROCHI3』
公式サイト  https://www.gamecity.ne.jp/orochi3/
無双OROCHI3 公式Twitter  https://twitter.com/kt_orochi
記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
© コーエーテクモゲームス All rights reserved.