(左から)コーエーテクモウェーブ代表取締役社長 阪口一芳、コーエーテクモウェーブゼネラルプロデューサー 襟川恵子、コーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサー シブサワ・コウ

2017年 12月19日(火)、コーエーテクモウェーブはいよいよ稼働を開始する多機能VR筐体『VR センス』の プレイ開始発表会を開催しました。
「多機能3Dシート」「ミスト機能」や「香り機能」など、五感を刺激するギミックを、スタイリッシュで利便性の高い筐体に満載した『VR センス』が、 いよいよ各地のアミューズメント施設で本格的に稼働を開始します。

2017年12月21日 『VR センス』稼働開始!



コーエーテクモウェーブ代表取締役社長 阪口一芳が冒頭の挨拶に立ち、アミューズメント施設での12月21日稼動開始を宣言しました。 各地のアミューズメント施設に設置される『VR センス』は、収録タイトルの異なる2バージョンを展開します。


事前に行ったロケーションテストでは、参加者のうち「女性プレイヤーが45%」 「普段はゲームセンターに行かない新規ユーザーが約半数」という結果になり、 「この『VR センス』が、ゲームセンタービジネスにおける次のキーファクターのひとつになる」と 阪口も期待を寄せました。


※2017年12月21日時点
『VR センス』導入店舗一覧は随時更新され、公式サイトでご覧いただけます。

12月22日は"VR センスの日"



コーエーテクモウェーブ ゼネラルプロデューサー 襟川恵子は『VR センス』がついに稼動を迎える喜びを語り、 "12月22日" を "VR センスの日"と定め、キャラクターチャームのプレゼント施策を発表。
今後展開するVR センス用タイトルとして「進撃の巨人」と「戦国無双」を挙げ、 さらに『超 真・三國無双』に続く新作も検討していると触れました。 「コーエーテクモのタイトルを遊んだユーザーに、「よりリアルな世界観を味わえる」として、 ゲームセンターに来店してもらうという送客効果を狙っていきたい」とコメントしました。


キャラクターチャームのプレゼント施策を発表する、コーエーテクモウェーブゼネラルプロデューサー 襟川恵子

より多くのユーザーに遊んでもらえるようにしたい



コーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサー シブサワ・コウは、『VR センス』がもたらす相乗効果に期待を寄せました。 「ひとつのゲームタイトルを、家庭用ゲーム機・スマートフォン・PCなどさまざまなプラットフォームに対応させています。 『VR センス』もその中に含め、より多くのユーザーに遊んでもらえるようにしていきたい。」
そしてコーエーテクモグループの経営方針である"IPの創造と展開"に触れ、 「この"展開"先のひとつとして『VR センス』がある。積極的に対応していきたい」とコメントしました。


発表会会場では、稼動開始に先駆けて『3 Majesty × X.I.P. DREAM☆LIVE』『超 戦国コースター』の体験会を実施しました。

2017年12月21日 稼働開始
  体感型VR筐体『VR センス』

コーエーテクモグループは 「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ」 を創発する企業グループを目指し、 今後とも最新の技術を取り入れた商品の開発・販売を推進してまいります。