株式会社コーエーテクモゲームス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:鯉沼久史、以下:コーエーテクモゲームス) のゲームタイトル『三國志11』をベースに、四川天上友嘉網絡科技有限会社(本社:中国四川成都市、CEO:張強、 以下:天上友嘉)が開発し、上海天戯互娯科技株式会社(Shanghai TCI entertainment technology Corp、本社:中国上海市、CEO:李子豪)及び 阿里遊戯(本社:中国広東省広州市、CEO:史倉健、プラットフォーム:BBgame)が運営する スマートフォンアプリ『新三國志手機版』のタイトル発表会が2017年11月15日(水)に台北市で開催されました。 併せて本日2017年11月16日(木)に、アジア三地域(台湾、香港、マカオ)にて本作のサービスを開始しました。

発表会には当社プロデューサー 北見 健(中央)などが登壇

『新三國志手機版』は、中国本土では『三國志2017』というタイトルで2017年8月30日(木)に配信が開始され、 多くの支持を集めております。本作は繁体字へのローカライズにとどまらず、「三國志」シリーズにも参加している 日本の人気声優陣を起用した日本語音声の切り替え機能も後日配信予定です。 『新三國志手機版』の事前登録者数は20万人を越えており、多くのユーザーにお楽しみいただけるものと確信しております。
2017.09.11 『三國志2017』登録者数100万突破!

コーエーテクモゲームスは「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ・プロバイダー」を目指し、 今後もグローバル市場を見据えた商品の開発・販売を推し進めてまいります。
※ 記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。