日本ゲーム大賞2017 年間作品部門 「優秀賞」

東京ゲームショウ2017の期間中に開催されました「日本ゲーム大賞」の表彰式におきまして、 『仁王』が年間作品部門の「優秀賞」を、『ファイアーエムブレム無双』と『真・三國無双8』が、 「フューチャー部門賞」を受賞いたしました。

『仁王』


受賞の喜びを語る『仁王』プロデューサー 鯉沼久史(右)とディレクター 早矢仕洋介(左)

『仁王』公式サイト

受賞理由:
独特の世界観をフォトリアルで再現、豪華キャスト、秀逸なストーリー展開、そして、一瞬の油断が死を招く極限の緊張感。 絶妙かつ歯ごたえのある難易度に多くのユーザーから「何度倒されても(死んでも)やめられない」「アクションゲームの最高傑作」との声が寄せられての受賞となりました。

日本ゲーム大賞2017 「フューチャー部門賞」

「フューチャー部門」は、東京ゲームショウ2017にて 発表、出展された未発売作品を対象に、来場者による投票で、今後が期待される作品が選出される賞です。

『ファイアーエムブレム無双』


「この受賞で、皆様のご期待にお応えできたと実感しております。」と
語る『ファイアーエムブレム無双』プロデューサー 早矢仕洋介(左)

『ファイアーエムブレム無双』公式サイト

『真・三國無双8』


「数々の賞をいただきましたが、フューチャー部門を受賞するのは初めてです」
と感謝を表す『真・三國無双8』プロデューサー 鈴木亮浩(中央)

『真・三國無双8』公式サイト

また、フューチャー部門では当社が開発を担当する『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』(株式会社スクウェア・エニックス) も受賞いたしました。

投票してくださった方々に感謝いたしますとともに、コーエーテクモゲームスは今後も 「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ・プロバイダー」を目指し、 皆様に喜んでいただける質の高いコンテンツの開発・販売を推進してまいります。