株式会社コーエーテクモゲームス (代表取締役社長:鯉沼久史)はコーエーテクモグループ経営統合10周年の記念事業として、 神奈川県横浜市のみなとみらい21地区(47街区)にオフィスならびにライブハウス型ホールを取得し、本社を移転することをお知らせいたします。

林文子横浜市長(左)とコーエーテクモホールディングス代表取締役会長 襟川恵子
横浜市市庁舎にて(左から)株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役社長 襟川陽一、林文子横浜市長、株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役会長 襟川恵子

横浜・みなとみらい21地区は、国土交通省の都市景観100選に選出されており、 都市像に先進性・創造性豊かな「国際文化都市」をかかげ将来に向けて拡大・発展する地域です。 政府が推進するクールジャパン戦略に沿って「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ・プロバイダー」を目指している当社グループは、 みなとみらい21地区を複合的なメディアミックス展開を進めていく拠点にふさわしい理想の場所であると判断いたしました。

コーエーテクモゲームスが取得予定の複合施設は約1,600人収容規模の本社オフィスと、 約2,000人収容のコンサート等を開催できるライブハウス型ホールを備え、2019年度竣工の予定です。 ライブハウス型ホールの取得は、コーエーテクモグループが長期戦略として掲げる「コンテンツ・エキスパンション戦略」推進のための有力な手段となります。 当施設をコンテンツ発信・情報発信や新たなIP展開拠点と位置付け、戦略の実現を図ります。

コーエーテクモグループは、2009年の経営統合以来、連続して最高益を更新しております。 このたびの記念事業でみなとみらい21地区に本社オフィスとホールを取得することにより、 新しいチャレンジを行い、今後のさらなる成長と発展につなげてまいります。

今回の計画に対して、林文子横浜市長より歓迎のコメントをいただいております。 当社は横浜市とともにみなとみらい21地区の発展、地域への貢献を目指します。

複合施設 概要

所在地

横浜市西区みなとみらい四丁目3番(47街区)

交通

JR「横浜」駅徒歩10分、みなとみらい線「新高島」駅徒歩2分

敷地面積

8,670㎡

延床面積

約26,000㎡(当社取得部分)

取得時期

2019年度(予定)

新社屋予定地