9月16日新宿にて、アニメクロスリンクRPG「拡張少女系トライナリー」のアニメ試写会を開催しました。 本作「拡張少女系トライナリー」は、アニメとゲームのかつてない融合による、戦闘少女と恋ができるスマートフォンアプリです。 数々の名作アニメを生み出してきた東映アニメーションと、「アトリエ」シリーズなどの人気タイトルを次々と世に送り出すコーエーテクモゲームス、 ガストブランドが、はじめてタッグを組んだ完全オリジナル企画です。



試写会ではアニメ第1話を上映したほか、メインキャストとプロデューサーが登壇した舞台挨拶を行いました。 メインキャストのたけだまりこさん(逢瀬つばめ役)、中恵光城さん(國政綾水役)、八木侑紀さん(ガブリエラ・ロタルィンスカ役)、 萩原あみさん(恋ヶ崎みやび役)、平山笑美さん(卯月神楽役)のほか、コーエーテクモゲームス 土屋暁(原案・プロデューサー)、 東映アニメーション 本川耕平氏(プロデューサー)、司会としてマフィア梶田氏の計8名が登壇し、盛大な拍手で迎えられました。

メインキャストが顔を揃えた舞台挨拶



本作で声優としてデビューを果たした主役・逢瀬つばめ役のたけださんは、 「今日は本当にとっても緊張しています。最後までよろしくお願いします」と緊張しつつも元気よく挨拶。 主役に選ばれたときの感想について聞かれると、「『自分が主役?!』みたいな感じで、 全然信じられなくて不安もたくさんあったけど、今この場に立ててすごく嬉しいです。 しかも、つばめちゃんが背負っているリュックなんですけど、実は私の私物で同じやつを本当に持ってるんです。 アニメに本当に出ていてびっくりしました」と、とても感激した様子でした。さらに、演じたキャラクターと 自身の似ている部分について聞かれると、「ドジっ子なところですね。私、意外とドジっ子なので(笑)」とコメント。 すると一同から「全然意外じゃないよ!」とつっこまれ、会場の笑いを誘いました。
一方、トライナリーのリーダー的存在となる綾水役を演じた中恵光城さんは、「車の運転も荒いし、サングラスも似合うし、 全然自分と似てません。でも今日はリーダー感を出そうと思って、みんなの色をモチーフにしたリボンゴムをプレゼントしました」と語ると、 5人は会場に向けて自慢げに披露。
続いて、マフィア梶田氏からキャラクターの名前が言いにくいことについて聞かれた八木さんは、 「ガブリエラ・ロタルィンスカです!」と見事に舌を噛まずに名前で応えました。 さらに「ツンツンしているんですけど、デレるとすごくかわいいんです」と、演じたキャラクターに対する愛を語りました。
また、役作りについて土佐弁が特徴的なみやび役を演じた萩原さんは、「高知のお友達と電話をしながら教えてもらって覚えました」 と苦労したことを語ると、それに対して会場の高知出身の来場者からは「完璧でした!」と褒められる場面も。
神楽役を演じた平山さんは「神楽ちゃんはすごくオタクなんですけど、つばめちゃんをオタクの世界に引きずり込もうとするんです。 (つばめちゃんを困らせるので)実際にアフレコしていてすごく楽しかった。オタクを布教しています」とアフレコ秘話を語りました。

最後にキャストを代表して、たけだが「本当に私もアニメが大好きなので、今日初めて第1話を見てワクワク、ドキドキ、ハラハラしました。 皆さんも「拡張少女系トライナリー」を『トライナリー』と覚えて、ぜひ拡張(拡散)してください! よろしくお願いします」と挨拶し、舞台挨拶は幕を下ろしました。

「描きたかったのは、プレイヤー・視聴者が共感できる世界観と、現実にいるような女の子」(土屋プロデューサー)

本作のアニメ初お披露目ということもあり、作品の世界観と見どころについて、本川プロデューサーは「キャラクターのかわいさと ガジェット(武器)のかっこよさはもちろん、土屋プロデューサーしか生み出せない世界観の絡み方に注目していただきたい」とコメントしました。 土屋プロデューサーは「プレイヤーのみなさんと視聴者の皆さんが共感できる世界観と、実際の現実にいるような女の子を描きたかった」と、本作に込める熱い思いを語りました。

アニメとゲームがかつてない融合を果たしたアニメクロスリンクRPG「拡張少女系トライナリー」は、2016年内に配信予定です。 まだまだ始動したばかりの本作の、今後の展開にご注目ください。

2016年内 配信予定
「拡張少女系トライナリー」
公式サイト: http://kakutora.com
公式Twitter: kakutora_staff
©コーエーテクモゲームス・東映アニメーション