(左から) 株式会社コーエーテクモホールディングス 代表取締役会長 襟川恵子、FOST賞審査委員長 白鳥令氏、FOST社会貢献賞の 井門 正美(いど まさみ)氏と白井 宏明(しらい ひろあき)氏、FOST新人賞の野瀬 泰史(のせ たいし)氏、FOST賞の鐘ヶ江 秀彦(かねがえ ひでひこ)氏、 FOST理事長・株式会社コーエーテクモホールディングス 代表取締役社長 襟川陽一

株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役社長 襟川陽一が理事長を務める公益財団法人 科学技術融合振興財団は第9回FOST賞授賞式を開催いたしました。

FOSTでは 従来より実施している研究助成と補助金の交付に加えて、最も優れた シミュレーション ・ ゲーミングの研究者に対してFOST賞を授与する事業を平成19年度に開始しました。平成20年度からは若手研究者向けに賞を新設、平成25年度からFOST新人賞としました。この結果、FOST賞は研究助成事業の報告者を対象とし、FOST新人賞は補助金事業の報告者を対象として贈呈されることになりました。
また、平成23年度よりゲームの研究・開発・応用に関しまして、学術の世界のみならず実業の世界も対象として、社会貢献という観点から顕著な業績を上げた人または団体を表彰する賞としてFOST社会貢献賞を新設いたしました。

FOST賞には立命館大学政策科学部教授 鐘ヶ江 秀彦氏が、 FOST新人賞には株式会社アプリボット 企画開発ディビジョン 企画グループ プランナー 野瀬 泰史氏が、そしてFOST社会貢献賞には、横浜国立大学大学院教授 白井 宏明氏と北海道教育大学教職大学院教授 井門 正美氏がそれぞれ受賞いたしました。

FOST賞
受賞者
鐘ヶ江 秀彦
立命館大学 政策科学部教授
研究課題 ISAGAサマースクールを通じたゲーミング ・ シミュレーション 開発スキルの学習方法に関する研究
FOST新人賞
受賞者
野瀬 泰史
株式会社アプリボット 企画開発ディビジョン 企画グループ プランナー
研究課題 多言語での自然言語チャットを用いたゲーミングシミュレーションの会話分析と評価
FOST社会貢献賞
受賞者
白井 宏明
横浜国立大学大学院教授
研究課題 教育および企業研修に使用できるビジネスゲームの開発・研究の第一人者であり、「横浜国立大学ビジネスゲーム開発システムYBG」 を開発し、新しくビジネスゲーム開発・研究に取り組もうとしている研究者・企業を支援している。 最近では、開発途上国の貧困を撲滅するためのビジネスモデルを基礎に、企業が経済的価値だけでなく社会的価値をも求めるビジネスゲームの開発に取り組んでいる。
受賞者
井門 正美
北海道教育大学教職大学院教授
研究課題 講義や座学に偏りがちなこれまでの授業に対し、真に実社会で役立つ社会的実践力のある学生を育成することをねらったゲーミング&シミュレーション研究会を2009年4月に秋田大学に立ち上げ、活動は他の大学にもおよび、研究や教育で目ざましい活動をされている。
photo02

公益財団法人 科学技術融合振興財団 (FOST)
FOST (foundation for the Fusion Of Science and Technology) は、科学技術の融合等に関する調査研究・学会・研究会等・国際交流に対する助成および優秀研究者・功労者の表彰、調査事業などを行っています。 2012年4月1日に公益財団法人に移行しました。

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
© コーエーテクモゲームス All rights reserved.