MEMBER社員の声

Promotion

ATSUSHI OZEKI

会社全体がゲーム制作の雰囲気にあふれている。

大関 淳嗣

マーケティング本部
グローバルマーケティング部
プロモーション
2015年中途入社

ゲームのプロモーション業務を担当。フォトリアルな海外ゲームが好みだが、今はニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータにハマり中。シンプルに友達とプレイする楽しさに、「自分だったらこの商品を、宣伝でどうアピールしていくかなと考えたら面白い」と思案しつつプレイ。

家庭用ゲームの宣伝がしたい!

マーケティング本部グローバルマーケティング部で宣伝・広報を担当して3年目になります。前職もゲーム会社で、新卒で入社して営業に5年、宣伝に4年携わってから転職したので社会人歴12年目ですね。前の会社では、会社方針によるスマホ向けゲームの強化に伴い、家庭用ゲーム機タイトルの制作が縮小傾向にあったんです。でも、私は家庭用ゲーム機向けの宣伝をまだまだやりたかった。そこで、家庭用ゲーム機向けタイトルにも力を入れていて、以前から気になるタイトルをたくさんリリースしている、コーエーテクモゲームスの採用に応募したんです。今はω-Forceブランドタイトルの宣伝、広報を担当しています。直近で担当したのは『ベルセルク無双』と『戦国無双 ~真田丸~』などです。

発表前から発売後までを。

宣伝の仕事は、雑誌、WEB、SNS、イベント、タイアップなど、あらゆる機会を利用してゲームの情報をお客様に届ける仕事です。情報をどのタイミングでどのようにお客様に届けるか、どう気持ちを盛り上げて商品を手にとっていただくか、を企画してプロデューサーと相談しながら進めていきます。ゲームの発表前から発売後まであらゆる場面で関わっていきます。企画が当たって盛り上がってもらえたときなどは達成感がありますね。「三國志」30周年記念としてチームで手掛けた、横浜市交通局さんや港北警察署との「三國志」コラボ啓発ポスターは、おかげさまでネット上で広く拡散されて海外でも話題になりました。

でも、話題になるのは最初の一歩です。あくまでゲームを買っていただくことが最終目的ですから。売上に結びつけるプロモーション技術をもっと磨きたいと思っています。私は大学時代にアカペラサークルに所属していて、駅前で歌う機会がありました。そのとき、時間帯や駅によってウケる曲が変わることに気付いて、しっかりと事前調査をしたうえで客層を見て曲目を変えるようにしていました。狙い通りのターゲットに足を止めて聞いていただけたときはうれしさ倍増です。この体験で表現する喜びや伝える喜びを知ったのだと思います。その点で、エンタテインメントの宣伝は、私にぴったりの仕事だと感じています。

会社全体がモノ作りの現場と感じる。

コーエーテクモゲームス社長の鯉沼は『戦国無双』などヒット作を手がけてきたプロデューサーです。会長のシブサワ・コウもそうですね。そのせいかもしれませんが、会社全体が制作現場のような雰囲気があります。会社によっては、プロデューサーは雲の上の人、ヒラの宣伝部員じゃ口もきけない、というところもあるかと思います。その点当社は、プロデューサーとの距離が近い。

宣伝部員が同じテーブルを囲んで、どう売っていくか、なんて話せる会社なんてそうないのではないでしょうか。自身のこれから取り組みの課題としては、マーケティング面をもっと強化したいと思っています。市場データの分析精度を高めて、宣伝に効果的に活用するだけでなく、ゲームの企画段階からもっとサポートできるようになりたいですね。

宣伝・広報に知識はいらない!?

宣伝・広報を目指している学生の方にアドバイスするなら、マーケティングやプロモーションの専門知識などを今からたくさん覚えるよりも、新しいことや、流行しているもの、“それがなぜ成功しているのか”の自分なりの考えも踏まえて、楽しいことの知識や体験をたっぷり蓄えておいてほしい、と思います。知識は仕事をしながらでも身につけられるので。ちなみに私も最初は特に知識などはなく宣伝に入りましたから(笑)。

以前、前職の先輩から「宣伝マンは世の中の楽しいこと、流行とかに常に敏感でいなさい」と言われたことがあって。今は本当にそうだなと実感しています。ゲームの宣伝は突き詰めれば、面白さ、楽しさを伝えることです。自分の中に、楽しい経験とか知識、エンタテインメントに対するアンテナがあるかどうかは、仕事を進める上で確実な差になってきます。学生の間は時間があると思いますので、楽しさへの思いでポケットをいっぱいにしておいてほしいと思います。