MEMBER社員の声

Programmer

YUI UDONO

ゲームに対する子どものような目。ビジネスに対する親のような目。どちらもあるのが、この会社。

鵜殿 唯

エンタテインメント事業部
シブサワ・コウブランド
プログラマー
2016年入社

プログラムを書く際には、極力シンプルに、後で見た時にわかりやすいように気をつけている。「先輩の作ったソースを見てすごくキレイ! って感動して……よし私もそういう風にしよう! って思ってやっています」

大学の課題で目覚めたゲーム作りの魅力

子どもの頃からもの作りが好きで絵をよく描いていました。そのうちデジタルの世界に興味が出て、大学ではプログラミングを勉強しました。就職でゲーム会社を目指したのは、大学最後の実習でARコンテンツを作ったのがきっかけです。スイカを使ってARコンテンツを作るという課題で、スイカを転がしてトラップを回避しながら迷路をクリアするというゲームを作りました。これがもう最高に楽しかったんです。課題を面倒くさがっていた人もいましたが、私はすっかりはまってしまって。この時ゲーム作りを仕事にしたい、という気持ちが湧き上がってきたんです。

初のコーエーテクモゲーム体験はイラスト経由

私のコーエーテクモゲーム初体験は「アトリエ」シリーズです。ラノベをよく読んでいたのですが、イラスト買いするとかなりの確率で同じイラストレーターさんの絵。それが岸田メルさんで、大ファンになりました。大学時代に友人から、岸田さんがキャラデザしているゲームがあるよ、と聞いてプレイしたのが「アトリエ」シリーズ。

面白いし、なんといってもキャラがかわいい。表情とか髪の毛の動きがリアルで、どうしてこんなにかわいいんだろう、と見とれながらプレイしていました。就職するならコーエーテクモしかない、って感じでしたね。

よい評価も悪い評価もすぐ返ってくる楽しさ

今はブラウザゲーム『100万人の信長の野望』の運営チームでプログラマーを務めています。フィーチャーフォン、スマートフォン、PC版の3種類があって全機種を見ています。ネットゲームは、ユーザーの方々と距離が近いのが楽しいですよね。

反応がすぐ返ってくるんです。もちろんいい評判ばかりじゃなくて、頑張って入れた仕様の評判がさんざんなこともあります。逆に、これはきっと喜んでもらえるぞ、って作った仕様の評判がいいと本当にうれしい。書き込みを見てウハウハしてしまいます。もっともっといいものを作らなきゃ、って気持ちになりますね。

プログラマーにとって大切だと思うこと

プログラマーとして気をつけているのはプランナーが考えていることを予想して準備しておくことです。「こうしてください」って言われたら「すぐ終わります!」って本当にすぐ終わらせられるように。効率もいいし、こちらのテンションも上がって一石二鳥です。まだ道のりは長いですけどテクニカルディレクターを目指しています。何を相談されても、ささっとアドバイスできるプログラマーの最上位。「私の言うことは全部正解よ」って感じになりたいんです。

女性プログラマーがもっと増えるといいな、とは思いますけど、やりにくさとかは感じたことはありません。実は今のチーム、プログラマー全員が女性なんです。わいわいと楽しいですよ。先輩に出産・子育を経て、復職してからもバリバリ働いている人が何人もいるので仕事と家庭を両立しやすい会社だと思います。先輩というロールモデルがあるので不安はないですね。

チーム全体が育ててくれた今の自分

入社した時、必要な知識の1割くらいしかないなあ、できるかなぁ、と不安だらけでした。でも、配属されてみるとブラザー(指導担当の先輩社員)も助けてくれるし、まわりの方々も質問しやすい雰囲気を作ってくれる。新入社員を大事に育てようとしてくれているのがよくわかりました。チーム全体がブラザーみたいな感じでした。ゲーム作りを一生の仕事にしたい、という人にはぴったりだと思います。

学生の方には、今のうちにどんどん遊んどけ、って言いたいですね。学生がお金を貯めてもたかがしれているから、どんどん使って楽しいことをやった方がいいと思います。充実した学生生活の思い出を作りましょう。ゲーム作りの役に立つかもしれませんよ。