MEMBER社員の声

Executive Officer

WATARU MAEDA

ゲームをつくることは、つくる人、遊ぶ人、みんなを幸せにできること。

前田 渡

コーエーテクモゲームス
開発支援本部
執行役員

実家が和歌山の大工で、祖父も船大工というモノづくり家系に生まれる。幼い頃から絵を描くことが好きで、学生時代は美術大学のテキスタイル学科で学ぶ。ひょんなきっかけから光栄(現・コーエーテクモ)と出会い入社。コーエーテクモから発売されるゲームのCGに関する品質の全責任を持つCG部の統括者。

会社の将来は「わからない」。だから入社を決めた。

テキスタイルデザイナーを目指して美術大学のテキスタイル学科に通っていた大学時代。ある日、就職活動の帰りに、たまたま現会長の襟川に会う機会がありました(大学の教授と襟川が同級生だったそうです)。そこで、いきなり「うちの会社を受けてみない」といわれたのです。もともとテキスタイル業界に行こうと考えていた私にとって、ゲームはファミコンを少しやっていた程度で、コーエーは『信長の野望』というタイトル名を知っているくらい……。ですが、直感的に「受けます」と返事をして受けてみたら、なんと内定をもらえたのです(笑)。後日、日吉の本社を訪問した時のこと。会社見学などをひと通り終えて、そこで当時の人事課長に質問したんです。「この会社はどうなりますか?」と。すると、「わからない」という返事が。その瞬間、「入社します」というハンコを押しました。それは、想像できるわかりきったものではなく、まったく未知の業界のほうが多くのことを学べると思ったから。「将来はわからない」という言葉に、未来へのチャレンジ精神を感じたのです。

関わるすべての人を幸せにするゲームをつくる。

仕事をする上で大切にしていることは、「関わる人たちみんなをハッピーにすること」。ゲームづくりは、多くの仲間と一緒に仕事を進めていきます。職種を超えて、みんながいいものをつくるために、誰の主張や意見も諦めさせることなく、みんなの着地点を見つけるのが私の仕事だと思っています。だからこそ、周囲の意見を尊重して自分ひとりでつくらずに、みんなのアイディアをまとめるように心がけています。プロジェクトで忙しくなって追い込まれると、「まぁこれでいいか」と妥協しそうになってしまうもの。

そこで、絶えずチームのモチベーションを上げるのも私の役割です。その結果としていいゲームが完成して、ユーザー、商品開発に携わる人、みんながハッピーになるのだと信じています。自分よりも相手のことを考えるクセは、小さい頃から大工だった父を見て育ってきた影響があるかもしれません。その家でずっと暮らす人が喜ぶモノをつくるために、チームが一丸となって一生懸命になっている姿が目に焼き付いていますね。

ゲームと同じで、壁を乗り越えるとレベルが上がる。

これから一緒に働く人に求めるものは、どんな時でもポジティブな人ですね。それは、私がネガティブだからかもしれません(笑)。自分自身が小心者だからこそ、苦手なことにポジティブな精神でチャレンジしていこうと常に思っています。それは、ゲームと同じかもしれません。苦手なことを克服すれば、レベルが1UPしますよね。はじめはできない。けれど、ポジティブにやってみたらできるようになる。すると、どんどん面白くなっていく。

もちろん、うまくいかないこともあります。ですが一番ダメなのは、そういう時に目をつむってしまうこと。目の前の壁から逃げるんじゃなくて、目を見開いて直視してみる。すると、案外壁は低かったり、きちんと考えてみれば勇気がわいてきたりするものです。ゲームをつくることは、みんなを幸せにできること。これからも、つくっている人も、遊んでいる人も、みんなが幸せになるゲームをつくっていきたいと思います。