MEMBER社員の声

Executive Officer

YOSUKE HAYASHI

たかがゲーム。けれど、誰かの人生を変えるのもゲーム。

早矢仕 洋介

コーエーテクモゲームス
エンタテインメント事業部
執行役員

Team NINJAプロデューサー、『ゼルダ無双』開発プロデューサー。単なるコラボレーションではなく、お互いの長所を活かし合い、ゲーム業界全体の発展に寄与できるようなゲーム作りを心がける。

大好きだったゲームの仕事ができる喜び。

小学校低学年の時にファミコンが発売されてから今まで、ずっとゲームと歩んできた人生。学生時代もひたすらゲームをしていたので、「何の仕事をしたい?」と聞かれたら、「ゲームの仕事!」と答えるのは自然の流れでした。『信長の野望』を学生時代に遊んできた自分が、それを作った人に出会えて一緒に仕事ができる今の環境というのは、これ以上ない人生かもしれません。最近の仕事は、プロデューサーとして、自社タイトルの他に「こういうゲームを作りませんか」とコラボレーションのご提案もしています。どんなプロジェクトを、どれくらいの期間で作るのかをプレゼンし、開発スタッフたちのマネジメントを行っていきます。企画をする上で大事にしているのは「ユーザー視点」。いい意味でミーハーであり続けたいと思っています。

悩んだ時には原点に返る。「たかがゲームじゃないか」と。

スタッフとよく話すのは「たかがゲームだよね」ということ。ゲーム開発をしていると、うまくいかないことや、つらいことがたくさんあります。しかし、原点に返って「ユーザー視点」に立つと、ゲームは「遊ぶため」にあるもの。ウンウン考え続けてしまうと、どうしても受け手の目線がなくなってしまいますが、「たかがゲーム」という気持ちを持って、みんなに楽しく遊んでもらうために、自分自身が楽しく、面白いゲームを作るように心がけています。

ゲームなんてなくても死なないし、衣食住ほど必要なものじゃない。ですが、自分たちにとっては、先人がつくったゲームが面白くて、人生を変える力があった。たかがゲーム、だけど一生懸命やる。それが、この仕事の美学だと思いますね。

この世にないものを生むためには、「言葉」が大切。

ゲームのスタッフロール、見たことありますよね。1つのゲームが生まれるには、あれだけの多くの人が関わっている。1本のタイトルを作るのに、企画から開発、宣伝やパッケージ制作まで入れると数百人にのぼります。「面白いゲームを作る」という大きな目的を果たすためには、チームが一丸となっていなければなりません。

特に、私たちはまだこの世にない新しいものを作っています。だからこそ、「こういうものを作ろう!」「ここが面白いんだ!」という言葉をリーダーが発することで、メンバーのモチベーションを上げ、みんなの目指すところを明確に示すことが大切です。プロのゲーム作りの醍醐味というのは、そういった一体感だと思います。

これから入社するみなさんだって、信頼する仲間です。

学生のみなさんには、どうか自分が一生懸命になれる仕事を選んでほしいと思います。その中で、もし「自分はゲームを届ける立場になりたい」と思うのならば、是非チャレンジしてほしいです。コーエーテクモで働いているほとんどの人は、「この仕事を選んでよかった」「ゲームを愛している」と思っているはず。そういう大人がたくさんいる会社です。また、コーエーテクモの歴史は、コンピューターゲームの歴史とほぼ同じ。当時のゲームを作った人が会社にいて、次の世代にDNAを伝えてくれる。

そういった歴史があるというのも当社ならではの強みかもしれませんね。ゲーム作りは、絶対にひとりじゃできません。一緒につくる仲間との信頼関係が全てです。もちろん、これから入るみなさんも仲間だと思っています。みなさんの新しい力を武器に、もっといいゲームを作っていこうじゃありませんか。